男性が原因で着床や妊娠がしづらいこともあるの?

男性が原因で着床や妊娠がしづらい状態は、男性不妊と呼ばれます。昔は不妊というと女性が原因と思われていましたが、現在では男性が原因で妊娠に至らないカップルも多く、不妊原因の1/2は男性側にも何らかの理由があるというデータもあります。男性不妊の場合は女性に比べて検査を受けることに抵抗がある人も多いのですが、男性不妊は決して珍しいものではないので、パートナーと一緒に検査を受けるようにしましょう。

 

女性の不妊の原因が子宮にあったり卵子にあったり卵管にあったりといろいろあるように、男性不妊の場合もいくつかのパターンに分けられます。まずひとつめが、精子を作る機能に問題がある場合です。たとえば精子の数が極端に少ない、またはまったくいない場合は、精子減少症や無精子症と呼ばれます。その他、精子に受精能力がなかったり、卵子にたどり着くまでに死んでしまう状態を精子死滅症、無精子症とは逆で、精子の数が多すぎて正常な運動が出来ない状態になっていることを、精子過剰症といいます。こういった精子そのものに問題があるケースはかなり多く、検査も精液から簡単にできます。

 

次に、精子には問題ないものの精子が通る通路に問題があって、妊娠しづらくなっていることもあります。精子は精巣でつくられて精管を通って運ばれますが、その通路が生まれつき狭すぎて通れなかったり、通りづらかったりすると、妊娠に至るような射精が出来ません。通路の狭さは先天的なものもありますが、結核菌や淋菌に感染して炎症を起こしていることも考えらえます。通路がふさがって外に出あられなかった精液は、膀胱へと逆流して尿と一緒に排出されるのが一般的です。

 

また、男性不妊で妊娠に至らないケースでは、性交が上手くできないというものも少なくありません。勃起障害でそもそも勃起しないので性行為ができなかったり、勃起して性交はできでも射精にまで至らないということも珍しくありません。こういった性交障害はストレスなど精神的なことが原因になっていることも多いので、出来るだけ自然に悩みを聞きだし、精神的なフォローをする必要があるでしょう。また、睡眠時間が短かったり忙しくて休みが取れないなど、日常生活がハードすぎる場合も性交障害を起こすことがあります。男性の体のこととはいえ、子どもが出来ないというのはカップルの問題ですから、よく話し合って理解し、一緒に乗り越えていくことが必要でしょう。